車を買い入れたいという人の約7割が、資金源としてオートローンを利用しているようです。大抵の場合は、車はお高い買い物です。従って、文房具や小物を買う時のように、レジで精算を終了するという人はわずかです。オートローンを利用するということは、お金を借りるということです。借りた分は、金利に基づく利息を足して、返さなければなりません。オートローンを使う時には、金利に注目して、借入条件を確認する必要があるでしょう。金利だけを見ると数%なので、どこのオートローンを利用してもあまり大差ないと思われがちです。まとまった金額を借りるオートローンの場合、完済までの期間が長くなればなるほど、金利によって生じる利息の違いはかなりになります。わずかな金利差でも、金額にするとかなりの差になることを理解した上でオートローンを検討してください。自動車ディーラーが紹介しているオートローンは審査が緩く、金利が高めですが、オートローンの金利は金融会社ごとに様々です。ディーラーでオートローンを組んだ時の見積もり価格を出してもらうと、中古車と下取りや、オプション装備がついてリーズナブルのように見えます。けれども、オプション装備や割引は別で交渉する余地がありますし、下取りは一括査定をするともっと高くなる可能性がありますので、まとめてしてしまわないほうがいいでしょう。多くの販売店がメーカー系のクレジツトとして割賦販売をしています。しかも、これは販売店の成績となりコミッション収入を受け取っています。インターネット銀行でも、オートローン融資ができるところがあります。ネットから申し込みができて、金利も1%台という非常に低金利で貸し付けています。